帝商株式会社
くらしを守る
カンパニー(企業防災)
コミュニティ(地域防災)
■地震は必ずやってくる
■自主防災組織の編成
■平常時の防災知識向上の啓蒙活動
■避難救助対策
■避難生活(備蓄)対策
■新型インフルエンザ対策
ファミリー(家庭防災)
プロユース

 
 
 




パンデミックインフルエンザの脅威

   パンデミックとは「感染症の大流行」のことをいい、古くは17世紀の黒死病の
   大流行があります。また20世紀には以下のように3回の新型インフルエンザ
   パンデミックが起きています。
流行年
通称
死亡者数
 致死率
1918・1919年(ウイルス型HIND)弱稀型
スペインインフルエンザ
4、000万人
  2%
1957・1958年(ウイルス型H2N2)弱毒型
アジアインフルエンザ
  200万人以上   0.5%
1968・1969年(ウイルス型H3N2)弱毒型
香港インフルエンザ
  100万人以上   −


                                   

いまパンデミックが発生したら…
厚生労働省の試算による日本の被害予測

     ●罹患者数:3,200万人(国民の25%)
     ●医療機関を受診する患者数:最大2,500万人
     ●入院患者数:53〜200万人
     ●死亡者数:17〜64万人

     ただし、予測されるH5NI型は強毒型のため、被害状況は大幅|こ増えるという説もあります。
      新型インフルエンザに対して、厚生労働省は各種のガイドラインを公表しています。
      特に事業者向けにはに「事業者・職場における新型インフルエンザガイドライン」を発表して
      います。

                                   

注)上記の「新型」という表現は日本語で定義する「インフルエンザの新しい形」ではなく
鳥もしくは、それ以外の動物を起源としたインフルエンザの「亜種」による定義です。

新型インフルエンザ対策用品紹介
                    
 マスク           保護装備品     消毒・セット品
 


■お問い合わせ : 電話 03-3281-4221 / メールでのお問合せ

プライバシー・ポリシー(個人情報保護法方針) お問い合わせ
All Rightsreserved, Copyright(c)2005 Teikoku Sen-I Co,.Ltd.
当ウェブサイトに掲載されているコンテンツ(文章、写真、イラスト、デザイン等)の著作権その他の権利は、当社またはその他の権利者に帰属します。